【レビュー】柘製作所のパイプスモーキングキットBを購入してみました!【使用感】

レビュー
スポンサーリンク

どうも、massanです。

今回は先日購入した柘植製作所のパイプスモーキングキットBの使用感などについて書いていこうと思います。

自分はパイプ喫煙を初めて半年ちょっとの新参者です。いままで安価なコーンパイプのみでパイプ喫煙を楽しんでいました(ケチなので)。詳しくは下に貼った記事参照。

ある日ふと、「一本くらいブライヤーでできたパイプが欲しいな」と思い、Amazonでいろいろ検討した結果、柘製作所のパイプスモーキングキットBを購入することに。

AじゃなくてBにしたのは個人的にベントタイプのほうが好きだからです。

本当はもうちょっとグレードが高いイースターナインスポーツあたりがほしかったのですが、当方パイプレストを所有していなかったもので、「パイプレストまで購入するとちょっと高くつくな……」と躊躇してしまいました。

コーンパイプって基本的に自立するので今まで必要なかったんですよ、パイプレスト。このスモーキングキットにはちゃちい作りではあるもののちゃんと付属してくるのがうれしいですね。

では、レビューしていきたいと思います!

開封前の様子がこちらです。

まだ開封する前なのに、中がめっちゃホコリまみれに見えてびびりました。

埃っぽく見えたものは中に入っていたモールの毛が飛び散ったものだと分かり、ほっと一息。

このモール、かなり毛が飛び散るからパイプ内に毛が残りそうで嫌だな~。

ものとしてはツゲが売ってるBタイプのやつなのかな?そちらを購入していないので確証はないが、色合い的に。

私は同じとこが売っているエクストラモールを普段使っています。こっちはそこまで毛が飛び散らないのでオススメ。

パッケージ裏側には吸い方講座が載っているぞ。

付属タンパーはかなりチャイチーですが使えます。所有しているドルフィン型タンパーよりも使い勝手が良いので気に入りました。

付属パイプレストもチャイチーですが特に問題なし。

メインのパイプ。あるサイトで、スモーキングキットAのパイプについて「吸い口がとにかく汚くて、拭いても拭いてもティッシュが真っ赤になる」なんてレビューがあったので、実際に確認するまでちょっと不安でした。

製品自体は違うものの、メーカーは柘で一緒ですからね。

結果、全然そんなことはなく最初から綺麗でした。ティッシュで拭いても何もつかないし、表面の仕上げもそこまで悪くない。

Aのパイプがそういう仕様なのか、はたまた改善されたのか。

中をのぞくとみごとに中間煙道。最後までしっかりと吸いきるのはちと難しいかな。

気になる人は何かしら使って底上げすればよいと思います。

とりあえず分解すると中にはヤニ取り用の部品が。個人的には要らないかなと思ったので、取り外して使用することに。だって部品の掃除とかめんどくさいじゃん~~~~~~

で、さっそく喫煙。ためしに非着香?で定番の「マックバレン ヴァージニアNo.1」を詰めて喫煙。ブレイク・インについて調べましたがよくわからなかったから普通に詰めたぞ!


【パイプ刻葉】 マックバレン バージニアNo.1 50g ビター系・パウチ袋

……うん、うまい!

コーンパイプで喫煙しているいつもよりもはっきりと味がわかるように感じました。雑味が少ないというか。コーンパイプだとやっぱりパイプ自体の風味が混ざってくるのかな。

あと、ベントの角度が深めなので、ボウルの様子を確認しながら喫煙できるのが個人的には嬉しいです。自分はベントタイプのほうが好きだなと改めて実感。

最初なのでほんの少し溶剤っぽい匂いを感じないこともなかったですが、全体として喫味は十分に満足できるものでした(追記:その後、溶剤っぽい匂いは使っていくうちに感じなくなりました)。

若干コーンパイプより火が消えやすいかな、と感じましたがたぶん技量の問題な気がします。よって総合評価は5点満点中4点。1点減点の要因は付属モールの品質です。

このパイプスモーキングキット、パイプ初心者が買っても大きな問題はないように思います

ただ、最初の一本としてのパイプはもっとグレードが高いものでもよいかもしれません。一つ良いものを持っておけばそれが自分の中での指針になりますからね。

やっすいパイプしかもっていない自分が言うとあんまり説得力ないかもですが……。

総合して、初心者の自分にはかなり満足できるものでした。今現在、着香系煙草用にしています。いつかダンヒルやピーターソン製のしっかりしたパイプが一つは欲しいですね……ラタキア用にももう一本欲しいナア……

物欲~~~~~~~~!

以上です。ブログランキング参加しているのでよろしくお願いします!


パイプランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました